英語の”音”にフォーカスした発音・英会話スクール e-phonics Academy

英語の音にフォーカスした英会話「大人のフォニックス」教室。 新宿・銀座・Skypeで海外からも受講可能!

たった6時間の発音レッスンでネイティブ英語が聞き取れる!ネイティブと同じ発音が出来る!

ホームブログ ≫ ブログ ≫

ブログ

英会話に効果大!まずはこれだけ徹底すべし!!

フォニックス6時間レッスン

あなた専用トライアルレッスン、大変ご好評いただいております♡

 

 

レッスン後、生徒さんからご感想のメールを頂くのですが、嬉しい声がたくさん!

一部をご紹介しますね。

 

 

 

◆昨日はありがとうございました。

今までやっていた英語の勉強法とは全く異なるアプローチ方法で驚きの連続でした!

今まではモチベーションの維持が辛かったですが、もう一回英語の勉強をしようという意欲が湧いてきました。

 

◆今までにない、目から鱗の内容ばかりで衝撃でした!

 

◆カウンセリングを受けて、すごくよかったです。オリジナルで勉強していても、結局よくわからないままになってしまい、毎回挫折してしまっていたので・・・。

 

 

 

 

皆さん、一生懸命英語を勉強してきたのに、話せるようにならない…

 

とお悩みでした。

 

 

 

 

日本人は、英語を難しく考え過ぎです!!

 

 

 

 

多くの人は、単語を覚えたり、文法を勉強したりは一通りしているはず。

 

なのに、変に難しく考えてしまって、

 

 

英会話になると、何も言えなくなってしまう・・・

 

 

 

今日は、トライアルレッスンでもお伝えしているすぐに出来て、

 

 

実際の英会話の場面にも強くなる英会話のポイントをお伝えしますね。

 

 

 

それは・・・

 

 

I am a student.

 

I like tennis.

 

 

この2つの文法を極める!!

 

身の回りのことを、この2つの文法を使って表現する(口に出して言う!!)

 

 

 

I am a student. って文法でも最初の最初に習ったやつです。

 

 

英語が出来ないって言っても、

 

さすがにこれくらいはわかるよ~といって、

 

ここを軽く飛ばしてしまっていませんか?

 

 

 

テキストで分かる、問題が解ける

 

 

と言うことと、

 

 

自分の言葉として使いこなせる

 

 

と言うことは、

 

 

大きく違います!!

 

 

多くの人は、「文法の知識が足りないから、英会話が出来ないんだ・・・」と思っていますが、

 

日本人についてはそうではないことが多いと思います。

 

 

知識はあるけど、使えない!!

 

 

ここをどうにかしていく必要があるのです。

 

 

まず簡単な英会話を目指す場合は、

 

難しい文法なんていりません!!!

 

 

まずは超基本のこの2つをマスターしましょう!

 

I am a student.

 

I like tennis.

 

「わかる」ではなくて、

 

「使いこなせる!」にするのです!

 

 

簡単な英会話なら、この2つの文法だけでもかなりのことが言えるようになります。

 

ここを侮ってはいけません!

 

 

そして、この2つの文法がしっかり使いこなせていないと、

 

その先の過去形・未来形。現在完了形もしっかり使いこなせるようにはなれません。

 

 

I am a student.

 

I like tennis.

 

なんて簡単だよ~と思っていても、

 

実際英会話になると、

 

焦ってしまって、

 

I am tennis.

 

と言ってしまったり、

 

I am like tennis.

 

と言ってしまったり・・・

 

 

疑問文にしようとしたら、

 

Are you play tennis?

 

Do you a student?

 

とごちゃまぜになってしまったり・・・

 

 

こんなことが実は良くあります。

 

 

日本語的には、ここがちょっと間違ってしまっても大したことないよね?

 

って感じるかもしれませんが、

 

 

主語 動詞の関係が大切な英語では、

 

このミスは致命的。

 

 

主語と動詞をハッキリさせて、

 

 

「何が、どうした」

 

の骨格をしっかりと作ることは英語の基本中の基本。

 

 

ここを無視してしまうと、

 

ネイティブには全く伝わらなくなってしまいます・・・

 

 

 

でも逆に、

 

難しい文法を使わなくても、この英語の骨格がしっかりしていれば、

 

 

言いたいことがしっかり伝えられるようになります。

 

 

それは「わかるよ~」ではなくて、

 

 

焦っても、確実に英語の骨格を作れる練習をしましょう。

 

やることをシンプルに絞れば、成果も上がりやすくなりますよ♪

 

2018年07月06日 10:18

【フォニックスレッスンご感想】F様

フォニックス6時間 グループレッスン2Daysをご受講下さった、Fさんからご感想を頂きました!
 
【フォニックスについて】
Q1 フォニックスを受講しようと思ったきっかけ・目的はなんですか。    
 
リスニングで思うように聞き取ることできず、原因を分析したところ発音にあることが分かりました。
さらに詳しく調べるとフォニックスというものがあり大人用のフォニックスを探していたら先生のレッスンに辿り着きました。
 
 
Q2 フォニックスを学んでよかった点を教えて下さい。
 
今まで一度も学んだことがないことを学ぶことができました。
また、発音に自信を持つことができるようになってきました。
 
 
【レッスンについて】
Q3 レッスンはわかりやすかったですか。よかった点・悪かった点があればお知らせ下さい。
 
とてもわかりやすかったです。特に練習のために動画を提供してくれたのがよかったです。

 
Q4 レッスンで思っていた結果は得られましたか。満足度は何パーセントでしたか。
 
85パーセントくらい満足です。知らないことばかりでとても新鮮で時間が早くすぎていきました。

 
Q5 今後こんなレッスンがあったらいいな、というものがあれば教えて下さい。
 
リスニング講座があると大変助かります。
 
 
【講師について】
Q6 坂下のレッスンを選んだ理由を教えてください。
 
社会人でも学びやすそうだったところが一番の理由です。

 
Q7 レッスンでの講師の印象はいかがでしたか。
 
とてもよかったです。良いテンポで飽きさせずあっという間に楽しい時間が過ぎていきました。
 
 
Q8 その他、ご意見ご感想をお願いいたします。
 
フォニックスのレッスンありがとうございました! この講座を学んでよかったです!
 
--------------------------------------------------------------------------
 
Fさん、ご感想ありがとうございました!
 
もともと発音はおきれいですが、Afterでさらに進化してますね!!
 
特に強調するところ(ee とか oo とか)がしっかり強調されていたり、h や f など1つ1つの発音も良くなっています!
 
抑揚もついたので、よりネイティブに伝わりやすくなったと思います。

 

2018年07月01日 23:45

”ハイテンション!”は英語じゃない?!

今日は英会話、読解問題でよく勘違いの元になってしまう、

 

 

要注意単語を取り上げたいと思います!

 

 

 

日本語って、ホントいろんな言語を使っていたり、

 

 

勝手に意味を変えて定着させたりしているので、

 

 

カタカナだから英語だ!

 

 

と断定できない、とても複雑な環境なのです・・・

 

 

例えば、昨日のお花見記事で私が使った、

 

昨日の記事はこちらから⇓

「アメリカ人とお花見したら・・・」

 

 

”テンションがアップする”

 

という言葉。

 

アップは ”UP”

 

なのですが ここでいう テンションは 英語の意味とは違っています。

 

なので、

 

 

ハイテンション!➡ ”High tension”

 

 

と英語にしてみても、この意味は外国人には全く伝わりません・・・

 

 

 

この

 

ハイテンション High tension

 

 

テンションが上がる!

 

という時に使われている

 

Tensionという単語。

 

 

 

この英単語自体は存在します。

 

 

でも英単語のTensionに

 

 

先ほどのハイテンション! テンションが上がるのような

 

「テンション=気分」みたいな意味はありません!!

 

 

 

では、Tensionという英単語はどんな意味なのでしょうか?

 

 

 

Tensionとは?

 

主な意味:緊張、伸張、(精神的な)緊張、テンション、(情勢・関係などの)緊張、張力、電圧

 

 

例文:a high tension  高電圧

 

That meeting place was full of tension.

その会場は緊張感で溢れていた

 

International tension has become less acute.

緊張した国際関係がいくぶん緩和した

 

 

Weblioより引用

 

 

 

こうやって、実際にTensionという英単語をよくよく見てみると、

 

 

日本語で使っている言葉のイメージとだいぶ違っていることが分かりますよね。

 

 

「彼はいつもハイテンションなんです」

 

と、英語で言おうとして、

 

”He is always high tension!”

 

なんて言ってしまったら、

 

 

ネイティブは、

 

 

「???」

 

彼はいつも高電圧??

いつも緊張状態??

いや、でもすごく陽気そうに見えるけど・・・

 

一体何が言いたいんだ???

 

 

 

 

こういうことが積み重なると、せっかく文法をたくさん勉強しても、

 

 

結局英会話で会話が弾まない・・・

 

 

という結果になってしまいがち。

 

 

英会話のポイントは、「直訳しようとしない」こと!

 

 

「彼はいつもハイテンションなんです」  ”He is always high tension!”

 

が通じなければ、

 

 

「彼はハイテンションです」って具体的にどんなことを相手に伝えたいのかな?

 

 

と一旦立ち戻って考えて見る。

 

 

参考記事

「お疲れ様です」って英語でなんて言う?

 

 

 

英会話をスムーズにするには、「日本語の当たり前」から一度出ることが重要!

 

 

そのあたりの”コツ”は実践型セミナーでも詳しくお伝えしています。

 

 

実は文法単語の暗記以外の要素が大きなカギを握っているのです!

 

 

 

私は英語を頑張るあなたを応援しています!

 

 

 

2018年06月29日 13:48

「気にする」って英語でなんて言う?



 
はじめて海外で生活したときに、
 
 
全然英語のできなった私は、
 
 
 
よく子どもやTeenの会話を聞いていました。


 
子どもはあまり堅苦しい表現を使わないし、

 
 
純粋に、言いたいことを言うので、


 
 
「なるほどーーーー!!!!」


 
 
と思うことが結構ありました。


 
 
 
例えば・・・


 
 
ホストファミリーがなにか家族で話していて、


 
 
(その時私に英語力がなかったため、具体的になにを話していたかは不明。すみません・・・)


 
 
なんだか折り合いがつかなかったらしく、

 
 
出てきた言葉が・・・


 
 
"No!! 
do care!!!"

(ダメだよ!
僕は気にするよ!!)
 
 
 
勉強で、教科書やテストでよく目にするのは



「I don't care」 
 
(気にしませんよ)

 
 
じゃないですか?

 
 
映画とかでもよく出てきます。



でも、逆に、
 
 
「それは気にするよ!!」
 
 
 
って伝えたいときに、
 
 
さっきの表現、

 
 
"I do care."
 
 
 
って言えばいいのか!
 
 
と、その時初めて知りました。


 
 
この文は、一つの文の中に 

 
 
動詞がdoとcare二つ使われています。


 
 
この場合 動詞doは強調として使われているのです。
 
 

だから読むときも do が強く発音されます。


強調のdo

 
 
是非覚えて使ってみてくださいね。

 

2018年06月28日 12:22

【和製英語】え?ベビーカーは通じない?!

0000558316.jpg
今日のテーマは…
 
 
「ベビーカー」
 
 

 
ベビーカー➡
 
 
 Baby car 
 


”Baby” も ”Car”も英語だから、


”Baby car”も当然、英語だ!
 
 
と思いがちですが、
 
 
実は「ベビーカー」は…
 
 
 
英語ではありません!
 
 
 
 
 
 
日本で言う、「ベビーカー」は英語では
 
 
Stroller 
 
またはbuggy
 
 
 
と言います。
 
 
 
駅やデパートの英語アナウンスでも、たまに出てきます。
 
 
 
逆に、
 
英語のアナウンスに「baby car」という言葉が出てきたのを見たり、聞いたりしたことがありますか?
 
 
 
「ベビーカー」は日本人が作った和製英語。
 
 
海外では通じないのです…
 
 
 
「ベビーカー」➡ Stroller 
 
 
だけだと、すぐに忘れてしまうかもしれません。
 
 
単語は、
 
 
単語とイメージが強く結びついていると、
 
 
覚えやすいです。
 
 
 
イメージを膨らませるために、こんな動画を見てみるのもいいかも
 
 
 
パパは上手くstroller扱える?
Stroller の上手な使い方♡
 
 
人気の軽量stroller は?
 
 
 
身近な単語は、単語帳で暗記するより、
 
 
こんな風に動画でイメージを染み込ませちゃいましょう♪
 
 
 
 
「あ!これなんか見た(聞いた)ことある!
 
 
〇〇って言ってた!」
 
 
 
の方が断然思い出しやすい!
 
 
 
実際の英語を見る、聞く
 
 
 
これってつまり留学してるのとおんなじようなもの。
 
 
 
今はネットで海外のリアルな情報をたくさん得られて、英語の学習には本当に便利。
 
 
 
 
さて、
 
 
ベビーカーは、
 
 
日本語名「乳母車」「ベビーカー」
 
 
英語 「stroller 」



 

英語コンプレックス卒業!
"話せる自分"になる為の7STEPメールセミナーカナヘイきらきら
 
配信中
 
メールセミナーですが、最大で3つの動画講座が受講出来ます!
 
「ずっと英語を勉強しているのに、話せるようにならない…」
 
「いざ!となると、言葉が出ない…」
 
「やる気はあるけど、勉強にすぐ挫折してしまう…」
 
そんなお悩みを解決して、
 
7STEPで「英語を話せる自分」になる秘訣を大公開!
 
✔まだブログでは書いていない内容や
 
✔ブログにも内容は書いているけど、その裏側にある考え方、
 
✔具体的な行動方法など、
 
7STEPで、順番にわかりやすくまとめました!
 
読んで下さるあなたが、
 
挫折することなく、
 
楽しく英語を身につけられるように知っておくべき、
 
超重要なポイントを書き出しています!
 
ブログだと記事を読み逃したり、
 
飛ばしてしまったりすることもあるかと思いますが、
 
メールセミナーは毎日順番にあなたの元へ届きます!
 
 
是非、1日1STEP ずつ読み進めて、
 
【英語が話せる自分】に変身して下さい!
 
地方育ちで、
 
特技もなく、
 
勉強も苦手…
 
20歳まで海外にも行ったことがなかった私が、なぜ英語を話せるようになったのか?
 
そんな秘密も書いています!
 
無料で受け取る♡ 
↓↓↓
登録解除もすぐに出来ますので、お気軽にどうぞ♪
 
毎日夜8時にメールが届きます
 
すでにご購読の方からは、こんなご感想も頂いております!
■今まで受けたことのないレッスンで、目から鱗でした!
■毎日楽しく拝見しています!素晴らしいレッスンありがとうございます!明日のレッスンも楽しみです!
■メールセミナーを読んで、実際に行動する勇気が出て来ました!
 
なにかお悩みやご相談があれば、LINE@へお気軽にどうぞ♪
 
ブログへのご感想なども頂けたら嬉しいです(^^)/
  

友だち追加

 

2018年06月27日 09:52

リスニング力アップには、聞き流しが効果的?

0000558190.jpg

英会話で重要なポイントとなるリスニング

このスキルをアップさせたい!と

ラジオやCD教材やiPodなど色々「聞いています!」
と言う方も多いかと思います。

 しかし、リスニング力を鍛えるためのポイントって、ご存知ですか?

リスニング力を上げるためには、ただ英語を聞けばいいってもんじゃーないんです!!

ただ英語を聞く、

ただ音を聞き流すだけではリスニング力はあまり上がりません・・・ 

だって、

文字通り、

聞き流しているんだから・・・

 流してしまっては、ダメなんです!!

しっかりリスニング力を鍛えたいのであれば、ディクテーションなど、

 真剣に集中して英語を聞く必要があります!!

 ディクテーションとは、英語をただなんとなく聞き流すのではなく、

 聞こえてきた英語を文字にして書き写すこと!!

聞き流している状態とは、必要な集中力が全然違います!

結構面倒だし、難しいけど、その分効果は聞き流すよりずっと高いです。

なんとな~く聞いて、聞き流すのも、

全く意味がない訳ではないですが、 

それを続けていて、どのくらいの期間で、どのくらいの成果を上げられるか?

という視点で考えると、

時間の割には、そんなに成果は上がらないかも・・・

ブログやLINE@でも良くお伝えしているのですが、

英語・英会話上達のポイントは、

分かる

出来る!

を確実に増やしていくこと。 

 ”なんとな~くはわかります。”

ということは、実際の英会話ではほとんど役に立たない! 

”これは出来ます!!”

の状態を出来る限り多くすることが、英会話上達必須条件。

だから、多くの音声をなんとなーく聞く、聞き流すより、

簡単な文章でいいから、

集中して聞いて、しっかりディクテーションも出来る状態にしていくことが大切なんです。

聞き流しだと、

なんとなくわかるけど、結局自分はどこが聞き取れていて、どこが聞き取れていないのか、が自分でわかりません。

 だから、そこからのスキルを上げる方法を見つけられない・・・ 

でも、ディクテーションをすれば、自分の聞き取れているところ、聞き取れていないところが否が応でも明確になるのです。

躓いていること、問題点がはっきりすれば、解決策を探したり、誰かに相談することが出来ます。

集中力のいることや、自分の出来ないことがハッキリしてしまうようなことって、出来ればあんまりやりたくないかもしれません。

でも、 効率よく英語を身につけるには、

✔時には面倒なこともしっかり取り組む! 
✔確実に出来ることを増やすことにコミットする!

というのが大事になります。

せっかく頑張って英語の勉強を続けているのに、ず~っとなんとなくしかわからないままって辛いですよね。

やることをしっかりやって、

英会話、出来る!

にシフトしちゃいましょう

 ”なんとなくわかる” から ”出来る!”への勉強方法は、他にも沢山あります!

なんとなく聞き流すより、ディクテーションは効果大!

でも、ちょっと大変??

もっと楽に、英語が聞きとれるようになる方法もあるのです♪



ディクテーション以外の方法も知りたい!と言う方は、

英会話基礎セミナーでも詳しくお伝えしていますので、どうぞお越しください。

お待ちしています!


 

 

 

 

 

2018年06月26日 09:53

ホームページ公開のお知らせ

当教室「e-phonics Academy」のホームページがオープンしました。
レッスンやセミナー情報など随時更新してまいります。
ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。
何卒よろしくお願いいたします。

2018年02月22日 09:00