英語の”音”にフォーカスした発音・英会話スクール e-phonics Academy

英語の音にフォーカスした英会話「大人のフォニックス」教室。 新宿・銀座・Skypeで海外からも受講可能!

たった6時間の発音レッスンでネイティブ英語が聞き取れる!ネイティブと同じ発音が出来る!

ホームブログ ≫ となりのトトロから学ぶ、リアル英会話! ≫

となりのトトロから学ぶ、リアル英会話!


音から学ぶ英会話e-phonics Academyの坂下えつこです。


私の英語レッスンでは難しいことはほとんどやりません!(笑)


なぜなら、 「話せる英語」に重点を置いているから。



頭で考えている英文は、なかなか英会話の時はスラスラと出てきません。

英会話の機会があまりなく、テスト勉強ばかりしてきてしまうと、ついつい考えてばかりの癖がついてしまっています。


必要な知識はあるはずなのに、英語を使いこなせない・・・


そんなのはもったいない!!


一旦考えてばかりの思考をSTOPして、視覚、聴覚、体感をフルに使う!

その為に、よく動画や海外ドラマ、洋楽などを教材にします♪


だって、その方が楽しいから、英語に触れる量が圧倒的に増える! ➡英語力が伸びる!


「英語苦手!英会話苦手!」という人におすすめなのが、 海外の子ども向け番組や、 日本のアニメの英語版!!


今日はここから一つ問題を出題♪


日本で大人気のジブリ映画、 「となりのトトロ」


この映画には英題もついています。


さて、 「となりのトトロ」って英語でなんて言うのでしょうか?



少し考えてみて下さい!









となり? 


Next ? 


Next to?


Next door?



トトロ???



トトロって英語ある???






正解は・・・





”My Neighbor Totoro” でした!




Neighor 名詞:隣人、近所の人 なので、「My Neighbor Totoro」は、

「私のおとなりさんトトロ」⇒「となりのトトロ」という感じですね♪


Neighborは綴りがちょっと難しいですが、英会話ではよく使う単語なので、是非覚えてみて下さい。


先ほどもお伝えしたように、 「話せる英語」のためには、動画やアニメを見ることが役立ちます!



私たち日本人は、ついつい英語を教科書に当てはめて翻訳しがち・・・


でも、実際の英会話ってちょっと違うんです!


前回の英会話基礎セミナーでもこんなやり取りがありました!


私「となりのトトロ」を英語で見てみると面白いですよ! 冒頭で、メイちゃんが ”お姉ちゃん、待ってー!!”と言ってさつきを追いかけるシーンがあります。 この”お姉ちゃん、待ってー!”って英語だとなんて言っていると思いますか?」


生徒さん 「え!待って?だから・・・”Just moment, please!"?」



「待って」=「お待ちください」=「Just moment, please.」


ちょっと場面やキャラクターと言葉が合わなくなってしまいますよね・・・


日本語にしたら、 メイちゃんが、「少々お待ちくださいー!」「少々お待ちくださいー!」ってさつきに言っている感じ・・・(笑)


でも映画のシーンは、ちっちゃいメイちゃんが、お姉ちゃんさつきの後を追いかけて、 「お姉ちゃん、待ってー!」と言うのです。


英語版のトトロの中では、こう言っています。 


”Satsuki! Wait for me!"  お姉ちゃん、待ってー!



Waitも Forも Meも 難しい英語ではないですよね?


(日本では、兄姉をお兄ちゃん・お姉ちゃんと呼びますが、英語では、Sister! Brother! と言う呼び方はほとんどしません。)



でも、私たち日本人はリアルな英語を聞く量が圧倒的に少ない。


だから、こんなちょっとした言い方も、考えてしまう。

教科書から答えを探すしかない・・・。


日本語にもいろんな話し方があるように、 英語でもいろんな表現があります!


教科書に出てくる英語が全てじゃない。


なので、動画やアニメで実際の英語にたくさん触れることが大事♪


いきなり、「お姉ちゃん待ってー!」で「Wait for me!」が出てこなかったとしても、一度この映画のシーンで「Wait for me!」と言っているのを聞けば、次からはわかるはず!


でも、こういったインプットが少ないままだと、 え?この場合の「待って」はどんな英語が自然なんだ??と、また頭で考えて答えを絞りだすしかない・・・


どんな難しい文法を勉強しても、場面にふさわしい表現を選べなければ、 実際に英語で上手くコミュニケーションが取れない。


こどもと同じように、まずはアニメや動画でたくさんその言葉に触れましょう!


日本語だってそうやって身につけたはず♪


こんな勉強が出来るためにも、まずはリスニング力!


ネイティブ英語が聞き取れれば、 「あ、今こう言った!」 「こんな時、このくらいの年の子はこんな英語表現を使うのか!」 とわかります。


教科書に頼らない英語、実際に話せる英語、楽しく身につける英語 その為に、e-phonics Academyでは日本人でも、アラサーでも、簡単にネイティブ英語が聞き取れるようになるフォニックスの普及に力を入れています。


「となりのトトロ」でも英語学習はホントにお勧めです。


メイちゃんはよく、さつきのセリフをリピートしています(笑)

兄弟姉妹あるある? 妹や弟は、なにかとお兄ちゃんお姉ちゃんの真似をしたがる!



英語初心者さんはまずメイちゃんのセリフから。


そのあとは、さつきやおばあちゃん。


上級者さんはお父さんやお母さんの使うセリフに特に注目してみてみましょう!


使う言葉、話し方、全然違います!!


「こんな時、こう言う!」というのが、映像と音声で感じると、身につきやすいです!



映画の中には、 今回の「お姉ちゃん待ってー!」以外にも、 「いってらっしゃーい」や「引っ越してきました○○です。」「ただいまー!」「私、嘘ついてないもん!!」など知っていると役立つ表現もたくさん!



是非、英語版「となりのトトロ」観てみて下さいね♪  
2019年03月23日 11:49