英語の”音”にフォーカスした発音・英会話スクール e-phonics Academy

英語の音にフォーカスした英会話「大人のフォニックス」教室。 新宿・銀座・Skypeで海外からも受講可能!

たった6時間の発音レッスンでネイティブ英語が聞き取れる!ネイティブと同じ発音が出来る!

ホームブログ ≫ 英語問題集で英語マスターはとっても大変!? ≫

英語問題集で英語マスターはとっても大変!?

フォニックス実践英会話コース

ある時、実家に帰った際、高校時代に使っていた問題集を持ち帰ってきました。

分厚い本に難しい問題がたーーーくさん並んでいます。



大量の問題!

大量の解説!


これはこうだから、こうでこうですよ~(はい、全部覚えて下さいね~!)


と訴えてくる問題集さん!涙



高校生の頃ってこんな風に全部頑張って暗記していたのか…と自分で感心します・・・


日本の受験問題はやっぱり詰め込みな感じがして、

”これで英語覚えましょう!”

”英語を使えるようになりましょう!”

って、なかなか酷です。


実際にトライアルレッスンにいらっしゃる生徒さんでも、

多くの方が口にされるのが、


「英語って暗記科目ですよね・・・。

私はどうしても単語とか覚えられなくて、英語が苦手になっちゃいました。」

ということ!


こんな問題集ばかりやっていたら、確かに暗記科目って感じしますよね。


でも、実際に英語をスムーズに使えるようになるためには、


英語は暗記科目ではない!と私は思います。


暗記が全てではない!暗記だけに頼らなくても、大丈夫!



今日はこの問題集の問題を参考に、その秘密をお伝えしますね!



問題の中に、こんなものがありました。


【問題】

My father will be back ( ) six weeks.

a. for b. during c. in d. with

( )に入るのはaからd のうちどれでしょうか?



【前置詞】の問題で解説には、 byはこう、 inはこう、 during はこう、 from はこう使います と書いてあり、だから、ここで正しいのは 〇〇!となっています。



そんなに全部ここで覚えろと?

しかもこの問題ったら突然、 My father will be back ( ) six weeks. 「私の父は 6週間後に戻るでしょう」 って父になにがあった!?

一体どういう状況なんだ!?

いくら前置詞の使い方を説明してもらっても、なんだかわかりづらい…


日本で勉強していた頃は、 こんな説明を読みつつ、 こんな穴埋め問題を繰り返して、 頑張って覚えていたんだなー と昔の自分を褒めてあげたくなる!(笑)



【問題】

My father will be back ( ) six weeks.

a. for b. during c. in d. with


皆さん、この問題の答え分かりますか?

私は当時、 この解説だけで「覚える」ことが とっても大変でした・・・


前置詞の説明、 いろいろありますが、 すぐ忘れちゃうんですよね・・・


でも、この問題、 今は「覚える」じゃなく、 自信を持って答えられます!!


外国で、 「あるもの」を見かけたことで、

「覚える」でなく、 しっかり「身についた」のです。


そのあるものとは…?



”Back in 5 mins!" とお店に貼られた貼り紙!!



オーストラリアにいたとき、 あるお店に行きました。

絶対に営業時間中のはずなのに、 ドアが閉まってる…ガーン!!

そして、 ドアに変な貼り紙が貼ってある…


「なにこれ・・・」 

「お店の人、なぜいない・・・」

最初はなにがなにやら、わかりませんでしたが 冷静になってよく考えてみると…


➀今は営業時間中

➁でも閉まってる

➂変な貼り紙に" back in 5 mins"と書いてある

④ back =戻る? 5 mins = 5分? 5分後に戻るのか…? と、しばらく待ってみました。


すると… 「ごめんね~ ちょっとコーヒー買いに行ってて~」 といった感じで店員さんが戻って来た!!


やっぱりこの貼り紙は、 「5分後に戻ります」 だったのか!!


どの前置詞がどうのこうの… という説明は全くないけど、

「5分後に戻ります」は、 " Back in 5 mins " と言うのか!!

と、 とってもクリアに、素直に、 「そっかー!!」 と、思えた出来事です。


「5分後に戻ります」が "Back in 5 mins."なんだから、 同じような、今回の問題

My father will be back ( ) six weeks. a. for b. during c. in d. with

「6週間後に戻ります」も、 答えは " in"!! これしかない~!


理屈じゃなくて、 実際こんなふうに使われている!っていうのを沢山見ると、

「覚える」じゃなくて 「身につく」



あとから、 問題集や参考集で理屈をみると、 「へー」となります。


こういう勉強法がオススメです。


だから、やっぱり生の英語を沢山見聞きするのはとっても大切。


私はこれを海外で体験しましたが、やっぱりこういう学び方をするには海外に行かないとダメ??

いえいえ!そんなことはありません!!


今は日本でも英語が溢れています。


ネットなどでいくらでもリアルな英語に触れることが出来ます。

ちょっと見方を変えるだけで、日本でもこんな風に英語を学ぶことは可能です。


またブログでもいろいろお伝えしますね!


最後までお読み頂きありがとうございました。

2018年07月11日 18:15