英語の”音”にフォーカスした発音・英会話スクール e-phonics Academy

英語の音にフォーカスした英会話「大人のフォニックス」教室。 新宿・銀座・Skypeで海外からも受講可能!

たった6時間の発音レッスンでネイティブ英語が聞き取れる!ネイティブと同じ発音が出来る!

ホームブログ ≫ 【要注意!】See/Look at/Watchって全部... ≫

【要注意!】See/Look at/Watchって全部「見る」でいいの?

1BB2190F-0E80-4006-8524-F51832BB360C
こんにちは!


「音」から学ぶ英会話e-phonics Academyの坂下えつこです。


いつもブログをお読みいただきありがとうございます。



今回はタイトル通り、 「See/ Look at/ Watch」 についてお話したいと思います!



 皆さんもご存じのとおり、 See/ Look at/ Watch  すべて、日本語だと「見る」という意味ですね。



でも・・・


See=Look at=Watch ではありません!!



「何を」「どう」見るかによって使い分けが必要です。


まずはSee


I saw her at the party. 「パーティで彼女見たよ」


Seeは、 「無意識的に見る、目に入った」と言うニュアンスです。


この例文でいうと、


「(わざわざ探していたわけでもないけど、パーティ会場を見渡してたら、)彼女見たよ。」



一方、Look at Watch「意識的に見る」行為を表します。


Plese look at the picture. 「この写真を見てください」


Look atは意識的に、動きのないものを見るときに使います。



そして、


Watchは、 I watched the movie. 「その映画見たよ」



Watchは意識的に、動きのあるものを見るときに使います。



確かに、

I looked at the movie.

I watched the pictures.


とかって、耳にしたことないな、なんか変な感じだなって思いませんか?


同じ文でも、


I saw you yesterday.


であれば、「昨日君を見かけたよ」って感じですが、


もし、I watched you yesterday. だったら・・・・ 「昨日、君(が動いているのを意識的に)見たよ」 というニュアンスになってしまいます!


一つ一つ、意味をしっかり考えながら使い分けるのも大切ですが、 覚えなきゃ!と思うと大変なので、 感覚で身に着けていくのがおすすめです。


なるべくたくさんの英語に触れて、 自分で文を作ったり、 話す時に 「あれ?こんな英語あんまり聞かないな??」 と気づけるようになるといいですね。



気にしていると、 「あーこれはWatch使ってる!」 「この場合はLook atか!」と わかってくると思います。



ちなみに、公園にある「シーソー」は英語で「See-saw」です。


シーソーに乗ると、上に上がると景色が「見える」、下がると「見えた」の繰り返し。

「見えるー見えた」だからSee-sawというそうですよ。


これは何も意識して景色を見ているわけでなく、 「無意識的に、景色が目に入ってくる」ものなのでSeeなんですね。


3つの使い分け、意識してみて、正しく使いこなせるようになりましょう!



今日もお読み頂きありがとうございました!
2019年03月27日 18:21