英語の”音”にフォーカスした発音・英会話スクール e-phonics Academy

英語の音にフォーカスした英会話「大人のフォニックス」教室。 新宿・銀座・Skypeで海外からも受講可能!

たった6時間の発音レッスンでネイティブ英語が聞き取れる!ネイティブと同じ発音が出来る!

ホームブログ ≫ 【保存版】”英語ペラペラ”になる!~日本人に必要な5つ... ≫

【保存版】”英語ペラペラ”になる!~日本人に必要な5つのポイント~

men-2425121_640

「英語がペラペラになりたい!!」 と思っているのに、なかなか実現出来ない・・・

 

なんでだろう?

どうしたら、「英語がペラペラ!」な自分になれるんだろう…?

 

と、お悩みの方も多いかもしれませんね。

 

今回のお話は、そんな方に是非知っておいて頂きたい内容です。

 

【保存版】としてまとめましたので、英会話の勉強につまずいたら、何度も読み返して頂けると、

 

必ずお役に立つと思いますので、楽しみながら読んでみて下さい。

 

 

さて、

 

皆さんが目指している

 

「英語がペラペラ!」という状態。

 

でも、この「英語ペラペラ」って結構漠然としています。

 

「英語がペラペラ」ってなんでしょうか?

どうしたら、「英語がペラペラ」になれるんでしょうか?

 

いろいろ英会話をしている中で、 日本人の思っている、「英語ペラペラ」ってこんな感じだと私は認識しています。

 

✔ 英語が口からスラスラ出てきている

 

✔ 相手の言ったことをすぐ理解している

 

✔ 会話に詰まらない

 

✔ それなりに発音がキレイ(英語っぽい)

 

これが揃って英会話が出来ると、 「英語がペラペラだ!」と思う、思われる確率がとっても高いです。

 

特に、一番最初の ✔英語が口からスラスラ出てきている が大きい気がします。

 

日本人の思う「英語ペラペラ」はこんな要素で出来ています。

 

だから、 日本人から見ると、 口数の多い英語圏以外の人の英語は、 「英語ペラペラ」に聞こえます。

 

例えば、 ドイツ人やフランス人の英語など。

 

彼らの英語はたいていこれらの要素を満たしています。

 

✔ 英語が口からスラスラ出てきている

✔ 相手の言ったことをすぐ理解している

✔ 会話に詰まらない

✔ それなりに発音がキレイ(英語っぽい)

 

よっぽど自国の訛りが強かったり、 会話に詰まっていなければ、スラスラ英語を話して、 「英語ペラペラ」感が出ます。

 

でも、よーーーく、よーーーーく彼らの英語を聞いてみると、 結構単語や文法は適当だったりします(笑)

 

ネイティブでない人にとっては、 単語や文法が完璧でないのは、当たり前のこと。

 

これは、日本人にとっても、フランス人にとっても、ドイツ人・イタリア人・韓国人・・・ みんなにとって一緒。

 

それぞれ、母国語とは音も文法も違う。

なのに、 ドイツ人やフランス人は「英語ペラペラ」な人が多い。

 

日本人にとっては、「英語ペラペラ」はるか遠い夢のよう・・・

 

多少間違っていたっていいんです。

 

まずは、英語を口から出してみる。 ここが一番大事!!

 

その他にも、他のノンネイティヴは出来ているのに、日本人には足りないところがいくつかあります。

 

今日は、日本人が「英語ペラペラ」になるためのポイントをいくつかまとめてみました!

 

① 英語の発音を身につけ、リスニング力を高める

② 英語と日本語の違いを認識する

③ 自分の意見をしっかり持つ

④ 正しさにこだわらない。なにを伝えたいか?にフォーカスする

⑤ 会話を楽しむ!!

 

 

① 英語の発音を身につけ、リスニング力を高める

これについては、いつもこのブログでもお伝えしているフォニックスで解決!

詳しくはこちら

”フォニックスってなに?”をご覧ください。

 

② 日本語と英語の違いを認識する

実はこれが、日本人が英語が苦手な大きな理由の一つなんです!

日本人は日本語の思考になっています。 でも、この日本語思考の文章をそのまま英語に翻訳しようとしても、英会話は上手くいかないことが多いんです。

日本人の会話でよく出てくるのが、こんな言葉。

 

「別に普通です」

「普通のOLです」

 

普通ってなに??

 

日本人同士だと「普通」でなんとなく通じ合えるけど、世界的な「普通」は存在しない。

「~で、~で、~だったんです」 事実や出来事をただ並べるだけ。

「だから、どうした?」という結論は言わない。

 

日本人同士だと、事実から結論をお互い察することで、会話が成立。

 

でも、これは「ほぼ同じ文化、察する文化」がある日本人同士だからこそ成り立つもの。

 

例えばこんな感じ。

 

日本人同士なら通じる日本語思考の会話。

 

「昨日なにしてた?」

 

「昨日ね、駅前に新しくできたパン屋さんに行ったの。すごく混んでたんだけど、欲しかったパンは買えました。」

 

日本人はここまで聞いただけで、

 

「人気の店で、欲しかったパンが買えて、嬉しかったんだね」

「混んでいる中、買いに行って大変だったね」 というところまで、ほとんどの人が自動的に話し手の気持ちまで察してくれます。

 

察してくれて当たり前、ということに慣れきっているので、あまり自分の感情を言葉にしません。

 

でも、日本人以外はそこまで「察する」ということをしません。

 

相手に伝えたいことは、しっかりと言葉にして伝えます。

 

英会話だと、会話の流れはこんな感じ。

 

「昨日何してた?」

 

「とてもいい日だったわ。新しくできた駅前のパン屋さんに行ったの。混んでいたけど、欲しかったパンが買えてとっても嬉しかった。すごく美味しかったわ!」

 

同じことを伝えるにしても、このくらいはっきりと表現するのが英語。

 

「察してもらう」前提の日本語思考では、なかなか伝えたいことまで伝わりません。

 

このように、日本語と英語の違いを認識した上で、英語でも伝わりやすいように話すことが重要です。

 

③ 自分の意見をしっかり持つ

 

日本人が英語が苦手なもう一つの理由。

 

英語云々、の前に、話すことがない。 英会話でよく聞かれるのが、こんな質問です。

 

「最近なにか新しいことあった?」

「最近ハマっていることなに?」

「あのニュースについてどう思う?」

 

日本人は相手に合わせて話すことになれています。

だから、自分のことについてあまり話しません。

でも、英語では「あなたはなにが好き?」「どんな人?」「どんな意見を持っているの?」ということを中心に会話が進むことが多いです。

 

だから、 英会話において、"自分のことを話せない" "自分の意見がない"は致命的。

 

自分はなにしている時が楽しい?

今、何に興味がある?

今、取り組んでいることは?

自分の意見はなに?

 

など、いつもしっかり言えるように準備しておきましょう!

 

④ 正しさにこだわらない。

 

なにを伝えたいか?にフォーカスする 日本人は、「間違ってはいけない!」の意識が強いです。

 

間違わないように、口に出す前に、頭であれこれ考える。

 

考えても、「間違っていないか」「合っているか」自信が持てないから、口から英語を出せない。

 

考えすぎて、「えー」「あー」ばっかり言ってしまう・・・

 

多少間違っていても大丈夫!

 

まずは単語だけでも、ジェスチャーだけでも、伝えたいことを伝えようとしてみましょう!

 

⑤ 会話を楽しむ!!

 

英会話は「出来ている・出来ていない」をテストされるものではありません!

 

目の前の相手とコミュニケーションをとることが目的です!

 

言葉はよくわからなくても、お互いに笑い合えればOK 「楽しんで」みましょう♪

 

この5つのポイントがクリア出来たら、「英語ペラペラ」にぐっと近づきます!

 

「英語ペラペラ」の要素 ↓↓↓

✔英語が口からスラスラ出てきている

✔相手の言ったことをすぐ理解している

✔会話に詰まらない

✔それなりに発音がキレイ(英語っぽい)

 

「英語ペラペラ」=単語が完璧!文法が完璧! ではありません。 逆に、単語・文法が完璧でも、⑤つのポイントが分かっていないと、 思うように英会話は出来ないかもしれません。

 

① 英語の発音を身につけ、リスニング力を高める

② 英語と日本語の違いを認識する

③ 自分の意見をしっかり持つ

④ 正しさにこだわらない。なにを伝えたいか?にフォーカスする

⑤ 会話を楽しむ!!

 

今回お伝えした⑤つのポイント、是非しっかりおさえてみて下さいね(^^)/

2018年11月01日 14:35